【足の臭いを取る方法】重曹を使い方と注意点☆木酢液やミョウバンの使い方

   

足 臭い 取る方法 重曹 使い方 注意点 木酢液 ミョウバン

足が臭い。足が臭いから靴も臭い。洗っても臭い。

自分じゃなくても夫や息子の足が臭い。

そんな足の臭いでお悩みの方へ、足の臭いを取る方法を紹介します!

アレコレ買い込む前に、まずは読んでみて下さい!!!

 

 

Sponsored Link

 

足の臭いの原因から対策を考える

足の臭いの原因は何だと思いますか?

足汗?

惜しい! 実は足汗そのものには臭いはないんです。

本当の足の臭いの犯人は、足に住む常在菌たちが作るものです!

スニーカー 臭い 消す 方法 原因 洗い方 無臭 保つ

通常、常在菌たちは、私達の足から分泌される汗や垢を分解して、皮膚表面を弱酸性に保って守ってくれているのです。

でも通常とは違う大量の足汗や足垢(古くなった皮脂や角質)と温かい環境におかれると、常在菌の数はめちゃくちゃ増えます!

そして足汗&足垢を分解して臭ーいものを大量に作ってしまうのです。

 

この”臭ーいもの”というのは、「イソ吉草酸」

 

だから、足の臭いを消すために必要なことは

  • イソ吉草酸をなんとかする(中和する)。
  • 常在菌の増え過ぎを防ぐ。

という対策を考えます。

 

では次に、イソ吉草酸をなんとかする(中和する)方法を説明します。

 

 

足の臭い(イソ吉草酸)を重曹で消す!方法と注意点

「イソ吉草酸」は、その名の通り、酸性の物質です。

酸性なので、アルカリ性の物質と反応させてやれば、中和して別の物質になり、臭いがなくなる!というわけです。

 

アルカリ性の物質と言っても、直接皮膚に使うわけなので、効果もありつつ、出来るだけお肌に優しいものを使いたいですよね。

 

そこでイソ吉草酸を中和するのに、重曹を使います!

重曹はpH8.2。

石けんのpHが10程度なので、重曹は石けんより穏やかなアルカリ性の物質です。

 

 

重曹を使った足湯の用意するもの

  • 足を浸けられる容器(バケツなど)
  • お湯(お風呂と同じで40℃くらい)
  • 重曹(100均のものでOK)

 

重曹を使った足湯のやり方

  1. 石けんで足の汚れや垢を取ります。爪の周りを洗うのも忘れずに!
  2. バケツなどにお湯(40℃程度)を張り、重曹を入れと溶かして重曹水を作る。
    ※重曹の量は、バケツ1杯のお湯に、小さじ2から大さじ2くらい。肌に合わないこともあるので、少なめから始めましょう。
  3. 15分くらい足を浸ける。
  4. 水かお湯で重曹水を洗い流す。
  5. 足をしっかり拭いて乾かす。

 

足を洗った後、重曹入りの足湯をするだけです。簡単でしょ?

これでイソ吉草酸の臭いはなくなるはずです!試してみて下さい。

 

※重曹入りの足湯にクエン酸は入れません。クエン酸で重曹のpHが下がれば効果が下がるので、重曹以外のものは入れないで下さい。

 

 

足の臭いを木酢液やミョウバンで消す方法

常在菌の作るイソ吉草酸は重曹足湯で中和することができました。

では、増えすぎた常在菌を減らすには・・・酸性のものを使います。

 

 

足の臭いを木酢液やミョウバンで消すために用意するもの

  • 足を浸けられる容器(バケツなど)
  • お湯(お風呂と同じで40℃くらい)
  • 木酢液orミョウバン水

↑木酢液はドラッグストアやホームセンターで買えます。独特のニオイがあります。

 

ミョウバン水の原液は、

  • 水500ml
  • 焼きミョウバン大さじ2

の分量で混ぜて作ります。

ペットボトルで作ると良いですよ。常温では溶けるのに時間がかかりますが、数日間放置すると溶けます。お湯で溶かすと早く作れます。

 

↑ミョウバンはスーパーのお漬物の素のコーナーにあると思います。30gで100円くらいです。

ミョウバン水は作るのが面倒ですが、木酢液のようなニオイがないのでオススメです。

 

 

足の臭いを木酢液やミョウバンで消す方法

  1. 足が汚れていれば洗っておく。
  2. バケツなどにお湯(40℃程度)を張る。
  3. バケツなどに、木酢液ならカップ1杯(150ml~200ml程度)、ミョウバン水なら、湯量の1/10程度入れて混ぜます。
  4. 15分から20分ほど足を浸ける。
  5. 足を水かお湯で濯いで、よく乾かす。

 

これだけです。

木酢液にもミョウバン水にも殺菌効果があるため、水虫予防になります。(全ての水虫に効果があるわけではありません。)

それに、どちらも酸性なので、アンモニアを含むアルカリ性の臭いを中和する作用があります。

 

更に木酢液には角質ケア効果も期待できるので、足がすべすべになるかもしれません。

ミョウバンには制汗作用があるため、足汗を抑える効果が期待できます!

お出かけの前にできると良いですね。お風呂上がりにもすれば、更に効果的です。

 

※木酢液とミョウバン水を混ぜて使わないで下さい。重曹と混ぜるのもNGです。

 

 

Sponsored Link

 

足が臭くなるのを予防するグッズ

 

足が臭くなるのを防ぐために、手っ取り早い方法として、靴下をこまめに替えるのも効果的です。

できれば同じ靴を毎日履かない方が良いです。

 

更に、便利グッズも活用してみると良いですね!

 

 

↑女性ならストッキングを履く前に、こういうものがあれば、快適にすごせますね。

 

↑消臭・吸汗インソールも良いですね!

 

↑デオドラントクリームも便利です!

 

 

最後に

いかがでしたか?

酸性のイソ吉草酸の臭いを消すには重曹で足湯。

増えすぎた足の常在菌を減らしたり、アンモニアなどアルカリ性の臭いを消すには、木酢液 or ミョウバン水

日中の吸汗・消臭には便利グッズデオドラントクリームが便利です。

 

人によっては重曹、木酢液、ミョウバンがお肌にあわない場合があります。

赤み・かゆみ・痛み等、お肌に異常を感じたら、すぐに使用をやめて下さい。

重曹は熱湯で溶かすとアルカリ度が強くなるので、高い温度のお湯で溶かさないで下さい。

 

毎日爽やかな足で過ごせますように!

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 - 健康, 生活