生田智子朝ドラ『ひよっこ』で中華料理屋の嫁・安江役☆どんな人?旦那はあの人!役どころも紹介します

      2017/07/18

朝ドラ『ひよっこ』で中華料理店の嫁・安江役を演じているのは、女優の生田智子さんです!

今回は、生田智子さんってどんな人なのか、超有名な旦那さんのお話と、あのドラマの吹き替えもやってった話、最後に『ひよっこ』での役どころを紹介します。

中華料理屋店主・五郎役の光石研さんについてはこちら

すずふり亭見習いコック前田秀俊役・磯村勇斗さんについてはこちら

すずふり亭ホール係朝倉高子役・佐藤仁美さんについてはこち

 

スポンサーリンク

 

朝ドラ『ひよっこ』で安江役を演じる生田智子さんってどんな人?

生田智子さんは、子役出身でダンスや乗馬が得意。

とっても運動神経が良いんです!

 

そして旦那さんは、元プロサッカー選手の中山雅史さんです!

 

出会ったきっかけは、キング・カズこと三浦知良選手が開いた食事会の席。

どうやら旦那さんの中山雅史さんの方が積極的だったみたいですが、ドーハの悲劇後に急接近して、周囲の皆に祝福されて1996年に結婚されました。

 

生田智子さん曰く、旦那さんの中山雅史さんには、全く服選びのセンスはないそうで、おもしろエピソードも沢山語られています。

結婚披露宴の余興では、

中山氏のたっての希望で「ベルサイユのばら」を完璧なメークに衣装でやらされ、ほとほと困った。

というエピソードがあったり、困るけど楽しい旦那さんですよね。

2004年には、生田智子さんが女の子を出産。

娘さんも今年で13歳だから中学生ですね。生田智子さんのブログでは、よく娘さんのためのお弁当が登場します。

 

ステキなお母さんです!

 

他に、生田智子さんといえば、韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』のヒロイン・チャングムの吹き替えを担当した声優さんでもあります。

懐かしいなぁ。

 

妻として、母として、家庭を大切にしながら、女優として活躍している生田智子さん。朝ドラ『ひよっこ』では、どんな役どころなのか、次で紹介しますね。

中華料理屋店主・五郎役の光石研さんについてはこちら

すずふり亭見習いコック前田秀俊役・磯村勇斗さんについてはこちら

すずふり亭ホール係朝倉高子役・佐藤仁美さんについてはこち

 

スポンサーリンク

 

生田智子『ひよっこ』で演じる安江ってどんな役?

 

生田智子さんが朝ドラ『ひよっこ』で演じる福田安江は、旦那さんと2人で中華料理屋を営んでいます。

旦那さんは、福田五郎(光石研さん)で、店の名前は”福翠楼(ふくすいろう)”。

 

安江(生田智子さん)は、時々仕事をサボってご近所さんとお喋りをしている旦那・五郎に、かなり厳し目に声掛けします。

一見”鬼嫁”で、怖いオバちゃんですが、本当はとっても優しい人なんですよ。

 

ヒロイン・みね子(有村架純さん)は、東京に来て最初は向島電機という会社でトランジスタ・ラジオを作る工員をしていましたが、1年もしないうちに倒産してしまいます。

その後、みね子は洋食屋”すずふり亭”で働くことになるのですが、元々不器用なみね子は、仕事に慣れるまでは失敗の連続。

そんなみね子を慰めるために、安江(生田智子さん)は、自分の失敗談を聞かせてくれます。

どんな失敗談かというと・・・

「足をつまづいてしまって、お客さんの頭の上からラーメンかけちゃった。」というリアルには絶対なさそうな話。

ちょっと大げさに言っているのかもしれませんが、みね子を慰めようと思う安江(生田智子さん)の優しさが伝わりますね。

 

昭和のオバちゃんって感じの生田智子さんも新鮮!

登場するのが楽しみです♪

中華料理屋店主・五郎役の光石研さんについてはこちら

すずふり亭見習いコック前田秀俊役・磯村勇斗さんについてはこちら

すずふり亭ホール係朝倉高子役・佐藤仁美さんについてはこち

 

スポンサーリンク

 - 人物, 朝ドラ