高橋ひかる大河『直虎』で高瀬(たかせ)役☆直親の娘?実在の人物?国民的美少女です(動画あり)

      2017/09/23

2014年に国民的美少女コンテストでグランプリを取った高橋ひかるさんが、大河ドラマ『おんな城主直虎』で高瀬役を演じます。

高橋ひかるさんってどんな人なんでしょう?

高瀬とは実在の人物なのか、ドラマではどんな役どころなのかを紹介します。

直親ファンの皆さま、ショックですが一緒に向き合いましょう!

大人になった高瀬を演じる朝倉あきさんについてはこちら

『直虎』高瀬ネタバレ☆武田のスパイ?直親の娘というのはウソ?

スポンサーリンク

 

高瀬役・高橋ひかるってどんな人?

ショックです!

井伊直親(三浦春馬さん)の隠し子・高瀬が登場しました。(涙)

 

井伊直親の娘と名乗る高瀬役を演じるのは、モデルで女優の高橋ひかるさんです。

 

その高橋ひかるさんのプロフィールをザックリ紹介すると・・・

  • 生年月日・・・・・・2001年9月22日(2017年5月現在15歳)
  • 出身地・・・・・・・滋賀県
  • デビュー・・・・・・2014年から
  • 趣味・・・・・・・・ダンス, バスケットボール, バレーボール観戦
  • 特技・・・・・・・・ダンス(小学5年から始めた)
  • 身長・・・・・・・・165cm
  • 体重・・・・・・・・53.8kg

 

高橋ひかるさん、まだ15歳なんですねー。

今年、高校入学を期に上京したそうです。

お姉さんが一人います。きっとひかるさんと一緒で美人でしょうね!

 

他には、歴史が好きで、お気に入りの武将は織田信長だそうです。

 

テレビドラマへの出演は初めてなのに、いきなり大河ドラマっていうのが凄いですね!

歴史好きの高橋ひかるさんなら、役どころの時代背景もよく理解して演技してくれるのではないでしょうか?

 

昨年15歳の時に、『直虎』に出演が決まった際のインタビュー動画があるのですが、とても15歳には見えません!

見た目じゃなくて、話し方とか落ち着きとか、なんて大人っぽいんだろうと関しちゃいます。

スゴイなー。

 

そんな大人っぽい高橋ひかるさんが『直虎』で演じる”高瀬”とは、実在の人物なんでしょうか?次で説明しますよ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

高橋ひかる演じる高瀬は実在の人物?

高橋ひかるさん演じる”高瀬”は、井伊直政の異母姉で、井伊直親の娘。

と大河ドラマ『おんな城主直虎』では設定されています。

 

では史実ではどうかというと・・・・

 

やっぱり直親の娘です!

 

 

 

どうやら”高瀬姫”というお姫様は実在しているようです。

 

 

ただ実在の高瀬姫(高橋ひかるさん)は、ドラマのように井伊直親(三浦春馬さん)が信濃で隠れている時に、アバンチュール(?)で生まれたかどうかはわかりません。

 

井伊直親(三浦春馬さん)はイケメンでモテ男だったので、信州に行く前から嫁がいたとか、高瀬姫は生まれていたとか、しの(貫地谷しほりさん)が産んだとか、様々な説があるんです。

 

ドラマと違い信濃に逃亡中や、井伊谷に戻ってからも、積極的に恋愛してたみたいなんです!!

直親め、元カノが多すぎるのと、女性の資料ってやっぱり少ないので、高瀬姫の母がわからないんです!

 

 

 

高瀬姫のことでわかっていることは・・・

  • 井伊直政より3歳から6歳年上。
  • 井伊直政(菅田将暉さん)の異母姉。
  • 亡くなったのは1634年10月2日(寛永11年)。
  • 川手良則(後に井伊家の家老)の側室になった。
  • 娘を産んだみたいだけど、息子は産めなかった。

 

ということと、『寛政重修諸家譜(かんせいちょうしゅうしょかふ)』という、1789年~1801年に江戸幕府が作った大名・旗本の家系を詳しく書いたものに、高瀬姫の母が井伊直政の母とは違うと記載されているそうです。

 

要するに、高瀬姫(高橋ひかるさん)は実在の人物だけど

井伊直政と異母姉弟!ということです。

 

 

では次に、高橋ひかるさんの役どころを詳しく紹介しますよ!

 

 

 

『直虎』での高橋ひかる演じる高瀬の役どころは?

 

高橋ひかるさんが演じる”高瀬姫”は、ある日突然、直虎(柴咲コウさん)の前に現れます。

高瀬(高橋ひかるさん)は信濃の百姓の娘ですが、お母さんが亡くなって身寄りがなくなりました。

さて、これからどうしようかと考えた時、お母さんから聞かされていた父・井伊直親のことを思い出し、父を頼ろうと井伊谷まで来たのです。

一人で、よく無事に井伊谷まで来たと感心しますが、直親(三浦春馬さん)に隠し子がいたとは、直虎もしの(貫地谷しほりさん)もショックを隠せません!

出家までしたのに、直親はよそで子供を作っていて…女目線で見ると辛いです!

 

王子様そのものの直親(三浦春馬さん)が、直虎(柴咲コウさん)、しの(貫地谷しほりさん)のそれぞれに歯が浮くようなセリフを言っていたのに…。

 

でも高瀬(高橋ひかるさん)に罪はないし。

殿としては、子孫を残すために正しい、かな?

でもでも女目線で見ると、「ひどい!信じてたのに!」ってなりますね!(泣)

 

ドラマの中でも直虎としのは、直親の皆が知らない間に子供を作っていたという行為を、一緒に愚痴って大泣きします。あの”しの”と直虎が直親の浮気が原因で、連帯感が生まれて仲良くなる瞬間です。

まさか直親の浮気のお蔭で、直虎としのが仲良くなるなんて…直親め。

 

周りの雰囲気を察した高瀬(高橋ひかるさん)は、まだ子供なのに申し訳ない気持ちになるのです。

 

一方、高瀬(高橋ひかるさん)は、明るくてとっても良い子ですが、直親の娘だという証拠がなくて、直虎が困っていたところ、直親(三浦春馬さん)が笛で吹いていた曲を口ずさんだのです。

懐かしい直親の笛のメロディを聴いた直虎は、高瀬(高橋ひかるさん)を直親の娘と認め、井伊家の姫に迎えることになりました。

 

高橋ひかるさんが演じる素直で優しい高瀬姫、楽しみですね!

大人になった高瀬を演じる朝倉あきさんについてはこちら

『直虎』高瀬ネタバレ☆武田のスパイ?直親の娘というのはウソ?

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 大河ドラマ