坂口杏里の兄・直彦は医者?年収は?慶應義塾大学病院にはいない?!

      2017/05/24

坂口杏里 兄 直彦 医者 年収 慶應義塾大学 病院 勤務

大女優・坂口良子さんの娘、坂口杏里さんがホストを恐喝して逮捕されました。

残念な事件です。

今後、杏里さんが頼れるのは、お兄さんだけだと思うのですが、その坂口杏里さんのお兄さんってどんな人なのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

坂口杏里の兄・坂口直彦さんは医者?

坂口杏里さんのお母さん・坂口良子さんは、1986年に19歳年上の不動産王・田山恒彦さんと結婚しました。

そして生まれたのが、長男・直彦さんと長女・杏里さん。

↑杏里さんの兄・直彦さん

 

バブル当時は、北海道から東京に出てきた美人女優が、超お金持ちと結婚したシンデレラストーリーだったのですが、やがてバブルは崩壊。

坂口杏里さんの父・田山恒彦さんは、妻の良子さん名義で莫大な謝金をしていて、離婚後も母・坂口良子さんは借金返済に苦しみました。

借金の額は、総額40億円とも言われています。

気が遠くなりそうですね!

 

坂口良子さんは、それを全て返済したというのですから、なんてカッコイイ女性なんでしょうか!

 

でもそのせいで、子供に寂しい思いをさせたと言っていました。

 

その寂しい環境の中、借金も返済中で普通なら生活は苦しくなりそうですが、坂口杏里さんの出身小学校と中学校は成城学園で、高校は堀越高校です。

杏里さんの兄・直彦さんは、母が不在の生活の中で猛勉強したのでしょうか。

慶應義塾大学の医学部に在籍していたと言われています。

 

そのせいで、今ネット上で坂口杏里の兄・直彦さんは、慶應義塾大学病院の医師をしている!みたいな噂が飛んでいますね。

 

でも慶應義塾大学病院の医師に坂口という人はいないので、慶應の医学部までは本当だったとしても、「慶應義塾大学病院にはいない」ということか、臨床医ではなく研究職をしている可能性もありますよね。

なお、兄・直彦さんは、杏里さんの2歳年上ということなので、現在28歳くらいで、医師としてはまだ修行中の身。

 

ネットでは、「直彦さんは医者なんだから、坂口杏里さんのお金の面倒をみてあげれなかったのか?」なんて話もありますが、20代の医師の給料ってどうなんでしょう?と思って更に調べてみました。

 

 

Sponsored Link

 

 

坂口杏里の兄・直彦さんの年収は?

坂口良子さんの兄・直彦さんが、もし本当にお医者様だったとして、

更にもし、18歳でストレートに医学部に入学し、留年せずに順調に医師免許も取得していたとして、

医師免許を取得できる年齢は24歳。

そして臨床研修医の研修期間を終え、本格的に医者として働き始めるのは26歳からですよね?

 

研修医時代の平均年収は約300~400万円というかなり少なめ。

妹の杏里さんが借金抱えてても、直彦さんだってカツカツだと思います!

 

28歳の直彦さん、医者だとしても、まだ杏里さんを助けられなかったかもしれませんね。

 

 

上戸彩さんのドラマ『いつか陽のあたる場所で』を思い出しました!

↑上戸彩さん演じる芭子(はこ)が、ホストに貢ぐお金が欲しくて、出会い系で知り合った人からお金を盗んで実刑判決が出て、弟の結婚に支障が出ないように家族に縁を切って欲しいと言われるシーンがありました。

 

でも、坂口杏里さんは、芭子(はこ)と違って、ホストを恐喝したんでしたね。

しかも、脅し取ろうとした金額は約3万円ということです。

 

どうしてここまで歯車が狂ってしまったのか。

お兄さんには、お金以外のところで関わる時間もなかったかもしれない、と思うと、他人事ながらやるせないです。

 

 

Sponsored Link

 - 人物, 身近な疑問