オリーブの木種類別おすすめ品種【観葉植物】鑑賞する?実を食べる?

      2017/07/17

最近オリーブの木を、カフェやレストランでよく見かけますね。

大きな葉の観葉植物も嫌いじゃないけど、オリーブの木って、インテリアとして落ち着きがあってステキ。白いインテリアにも、ビンテージ風のインテリアとも相性抜群な観葉植物です。

今回は、オリーブの木を種類別&目的別に紹介して、個人の家で楽しむたのめおすすめ品種を紹介します。

マンションでも大丈夫ですよ!

 

 

スポンサーリンク

 

オリーブの木の種類別特徴

オリーブの木と言えば、日差しの明るい地中海ですよね!

オリーブの木の原産地は、イタリア、スペイン、ギリシャやトルコなど地中海地方の国々です。

観葉植物として日本で販売されているオリーブの木は、イタリア原産とスペイン原産がほとんどです。

 

 

イタリア原産オリーブの木

日本人にとって、オリーブと言えばイタリア!

まずはイタリア原産のオリーブの木にどんな種類があるのか見てみましょう♪

 

ルッカ(Lucca)

 

ルッカの葉の特徴は、少し丸みのある形をしていることです。

そして「スクスク育つオリーブの木」でもあります。

土や置き場所の条件が良いと、こんもり茂って育てがいがありますよ。

樹形が乱れてきたら剪定を忘れずに!

小さな実をたくさんつけるオリーブの木です。

 

 

レッチーノ(Leccino)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【レッチーノ】3年生苗 6号鉢オリーブT[花木苗木・常緑樹・庭木]
価格:3121円(税込、送料別) (2017/4/14時点)

 

レッチーノは、イタリアのトスカーナ地方が原産地のポピュラーなオリーブの木です。

トスカーナ地方というと、ピサの斜塔がある地域ですね! 世界的な観光地です。

温暖な地域出身のレッチーノですが、寒さや暑さに強く、病害虫被害も少ないのが特徴です。

すこし小さめの葉で、美味しい実をつけてくれます

 

 

シプレッシーノ又はチプレッシーノ(Cipressino)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おりーぶ SOUJU(創樹)ブランド:オリーブの木*3号*【Cipressino】
価格:1620円(税込、送料別) (2017/4/14時点)

 

シプレッシーノは、イタリア半島の西南にある島・シチリア島原産のオリーブの木です。

葉の形は、ルッカより長い形で、実の形は丸みのある楕円形です。

銀葉系の葉色で、葉の裏は白色。

渋いです。カッコイイです。

観賞用として、かなりオススメです!

 

 

 

スペイン原産オリーブの木

 

スペイン料理に欠かせないオリーブオイル!

ピンチョスに欠かせないオリーブの実!

スペイン原産オリーブの木を紹介します♪

 

 

マンザニロ又はマンサニージョ(Manzanillo)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

果樹の苗/オリーブ:マンザニロ6号ポット
価格:2700円(税込、送料別) (2017/4/14時点)

 

スペイン語読みすると「マンサニージョ」ですが、日本では「マンザニロ」という名前で苗が販売されています。

「マンザニロ」という言葉の意味は、「小さなリンゴの木」。

実の形が小さなりんごみたいなので、この名前が付いたとか。

オリーブの実といえば楕円形のイメージですが、りんごっぽい形もあるんです。

普通、オリーブの実の収穫時期は10月頃ですが、マンザニロは夏頃から時期を迎えます。

ピクルス向きの品種です。

小さめの葉で、葉色は銀葉系。

枝はこんもりと密集しやすいので、賑やかな枝ぶりが好みの方にオススメです!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ネバディロ・ブロンコ又はネバディジョ・ブランコ(Nevadillo Blanco)

 

ネバディロ・ブロンコは、夏に葉色が青緑色になってとてもキレイ!

夏が似合うオリーブの木ですね。

元気でよく成長するオリーブの木なので、時々樹形を整えるために剪定をします。

マンザニロ同様、夏から実がなります。

花粉がよく出るので受粉用にもオススメで♪

 

 

ミッション(Mission)

 

このミッションは、日本で最も購入しやすいと言われているスペイン系品種のオリーブの木です。

横よりも縦に伸びやすい木です。

葉色はやや銀葉系。葉裏は白色です。

見の収穫は秋になってからで、油分たっぷりでジューシーですよ。

 

【オリーブの木】観葉植物として見て楽しむ品種

観葉植物としてオリーブの木を選ぶなら、育ち方で選ぶと良いですね。

茂るタイプや縦に成長するタイプなどに分けて見てみましょう!

 

縦に伸びるオリーブの木

縦に伸びるタイプなら、スペイン系の

  • ネバディロブロンコ
  • ミッション

の2品種ですね。

飾るスペースを広くない場合にオススメです。

 

こんもり茂るオリーブの木

こんもり賑やかな樹形が好みなら

  • マンザニロ
  • ルッカ

が良いですね。

元気なオリーブの木を見ていると、きっと気分上々です♪

 

生育旺盛で育ちやすいオリーブの木

育てる楽しみを味わいたいなら

  • ルッカ
  • ネバディロ・ブロンコ
  • ミッション

がオススメです。

安い苗木で買って、大きく育ててみたいですね♪

 

インテリアにこだわるオリーブの木

葉の美しさや渋さで選ぶなら

  • シプレッシーノ
  • マンザニロ
  • ミッション

がオススメです。

鉢にもこだわって楽しみたいですね。

 

 

【オリーブの木】実を収穫して楽しむ品種

 

通常、オリーブの木は1本では実がつきません。

近くに違う品種のオリーブの木があると収穫まで楽しむことができます。

 

受粉用に選ぶなら・・・ネバディロブロンコです。

ネバディロブロンコは花粉が多いので受粉向きなのです。

 

1本で結実するのは・・・ルッカ!

ルッカなら、自家受粉するので2本以上オリーブの木を買う必要がありません。

お得ですね!

 

 

いかがでしたか?

 

それぞれの品種の特徴を理解すれば、おしゃれな観葉植物として、更に実の収穫まで楽しめるオリーブの木を楽しむことができます。

鉢選びも楽しいですよ!

 

スポンサーリンク

 - 観葉植物・花