『ひよっこ』尾上寛之が三男の兄・太郎役!歌舞伎役者?役どころは?3月のライオンにも出演!

   

ひよっこ 尾上寛之 三男の兄 太郎 役 歌舞伎 役者 役どころ 3月のライオン

朝ドラ『ひよっこ』で、三男のコワーイお兄さん・角谷太郎を演じているのは、尾上寛之(おのうえひろゆき)さんです。

尾上寛之さんってどんな俳優さんなのでしょうか?『ひよっこ』での役どころや最近出演した映画のことも紹介します♪

 

 

スポンサーリンク

 

尾上寛之は歌舞伎俳優?

尾上寛之(おのうえひろゆき)さんが歌舞伎役者なのではないかという噂がありましたが、大河ドラマ『おんな城主直虎』で今川氏真役を演じている尾上松也(おのえまつや)さんと氏の漢字が同じなので出てしまった噂のようです。

本当のところ、尾上寛之さんのプロフィールはこちら!⇩

  • 生年月日・・・・・1985年7月16日(2017年4月現在、31歳)
  • 出生地・・・・・・大阪府茨木市
  • 身長・・・・・・・165 cm
  • デビュー・・・・・1993年(8歳頃)

 

なんと、8歳でデビューしていて、9歳の時に1994年の朝ドラ『ぴあの』に出演しています。

その後、沢山の映画やドラマなどに出演しましたが、朝ドラ出演は通算で7作目です!

その記念すべき7作目の役どころは・・・?

 

 

尾上寛之『ひよっこ』での役どころ

尾上寛之さんが『ひよっこ』で演じているのは、ヒロイン・みね子(有村架純さん)の幼なじみ・三男(泉澤祐希さん)のお兄さん、”太郎”です。

太郎(尾上寛之さん)は

奥茨城村青年団の団長も務めるしっかり者。聖火リレーの提案が三男たちからあがった時は、一度は否定するものの、やると決めたらとことん熱く楽しく盛り上げる。青年団で身に付けた政治力を存分に発揮し、村全体を巻き込んで開催を主導する。

という人物です。

三男にとっては、いつも怖くて、ずっと大人で、三男の意見なんて聞いてくれなさそうです。

でも、リーダーシップがあり、仕事もキッチリやり遂げるので人望もあるので、青年団の皆がついてきてくれる、本当に頼もしいお兄さんです。

 

三男が聖火リレーをやりたいと言った時、青年団でアイデアを出し合い、大人の仕事力でテキパキと聖火リレーを成功させました。

聖火リレーの提案を下のは三男ですが、実行したのは間違いなく太郎(尾上寛之さん)です。

テレビの取材を受けた時、聖火リレーの提案も太郎(尾上寛之さん)がしたかのような受け答えをして、美味しいところを持っていくチャッカリさも兼ね備えています。

家業の農業を継がずに、太郎(尾上寛之さん)がどこかの会社員になったとしても出世しそうなタイプですね。

 

尾上寛之映画『3月のライオン』にも出演

朝ドラ『ひよっこ』で頼りになる骨太な兄さん”太郎”を好演中の尾上寛之さんは、大人気漫画の実写映画『3月のライオン』にも出演中です。

 

尾上寛之さんの役どころは、松本一砂(まつもと いっさ)という棋士です。

松本一砂(尾上寛之さん)の将棋は、主人公の桐山零(神木隆之介さん)から、

「攻撃的というより攻撃しかしてこない」

と表現されるほど、熱血というか、根っからの明るい性格で素直な人です。

 

そしてちょっと兄貴肌。

 

尾上寛之さんは子役時代から培った演技に定評があって、特に人間の弱い部分を上手く表現すると言われています。

今年の『ひよっこ』の太郎や、『3月のライオン』の松本一砂は、人の弱い部分を表現する役ではないので、また尾上寛之さんの魅力も広がりそうですね。

 

映画『3月のライオン』後編は、2017年4月22日公開予定です!

 

『ひよっこ』も『3月のライオン』も楽しみです♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

 - 人物, 朝ドラ