『直虎』ムロツヨシ演じる瀬戸方久(せと ほうきゅう)は実在の人物?味方なの?何をした人?

      2017/07/17

大河ドラマ『おんな城主直虎』で、幼い頃家出した直虎(おとわ)を一晩泊めてくれた「あばら家の男」役、ムロツヨシさんが、高級そうな着物で再登場しましたね!

ムロツヨシさんが演じるのは、瀬戸方久(せと ほうきゅう)という商人。

今回はこの瀬戸方久についてのお話です。

ムロツヨシさん演じる瀬戸方久は実在の人物なのか、直虎(柴咲コウさん)の味方なのか、何をした人なのでしょうか?

高橋一生『直虎』切ない最後!小野但馬守政次は裏切らなかった?

矢本悠馬演じる中野直之についてはこちら

田中美央演じる奥山六左衛門と中野直之の関係はこちら

本田博太郎さん演じる中村与太夫についてはこちら

スポンサーリンク

 

ムロツヨシ演じる瀬戸方久(せと ほうきゅう)は実在した?

 

 

ムロツヨシさん演じる瀬戸方久(せと ほうきゅう)は、実在の人物です。

といっても、史実に登場する瀬戸方久と、大河ドラマでムロツヨシさんが演じる瀬戸方久と全く同じではありません。

 

  • 大河ドラマの瀬戸方久・・・無一文から豪商(大金持ちのビジネスマン)になった人
  • 史実の瀬戸方久・・・・・・武家の出身で、商才に長けた金貸し(武士から商人になった人)

という違いがあります。

 

瀬戸方久(ムロツヨシさん)のご先祖様は、武将・新田義貞(にったよしさだ)の一族です。直接の子孫ではないんですね。

武将・新田義貞という人は、1300年代の鎌倉時代から南北朝時代に、鎌倉幕府を滅亡に追い込んで、後醍醐天皇の新政権発足の時に活躍した武将です。

 

史実の瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、ちゃんとした家柄の出身です。

そして上手に金貸し業で財産を増やしていった、ヤリ手の投資家だったんですね。

 

では瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、直虎(柴咲コウさん)の味方なのでしょうか?

高橋一生『直虎』切ない最後!小野但馬守政次は裏切らなかった?

矢本悠馬演じる中野直之についてはこちら

田中美央演じる奥山六左衛門と中野直之の関係はこちら

本田博太郎さん演じる中村与太夫についてはこちら

 

 

ムロツヨシ演じる瀬戸方久は直虎の味方なの?

 

大河ドラマ『おんな城主直虎』の公式ページによると、瀬戸方久(ムロツヨシさん)は

無一文から商売で成功をおさめ、井伊家の財政を揺るがすほどの力を持つ豪商に。金のためなら組む相手をころころ変えて油断のならない人物だが、「利益」を正義とするポリシーはどんな時も揺るがない。

と説明されています。

「井伊家の財政を揺るがすほど」や「金のためなら組む相手をころころ変えて油断のならない人物」というところから、直虎が安心して付き合える人物ではなさそうです。

なので、直虎(柴咲コウさん)にとって瀬戸方久(ムロツヨシさん)は

”利害が一致すれば味方”になる人物と言えます。

 

結果的に瀬戸方久(ムロツヨシさん)にとって、”直虎”は敵ではなかったし、

”沢山お金を借りてくれるお客さん”でもあったのです。

高橋一生『直虎』切ない最後!小野但馬守政次は裏切らなかった?

矢本悠馬演じる中野直之についてはこちら

田中美央演じる奥山六左衛門と中野直之の関係はこちら

本田博太郎さん演じる中村与太夫についてはこちら

 

スポンサーリンク

 

ムロツヨシ演じる瀬戸方久は何をした人?

 

瀬戸方久(ムロツヨシさん)はドラマでは無一文から豪商になった人。

史実では武士から豪商になった人です。

では豪商になってから何をした人なのでしょうか?

 

史実では、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が武士として仕えたのは、井伊家でした。

桶狭間の戦いで、井伊家も今川家も主を失い、瀬戸方久(ムロツヨシさん)の家も、今後の生活を考えなければなりません。

そこで瀬戸方久(ムロツヨシさん)は商人として歩んでいった…。

という話もあるのですが、桶狭間の戦い以前から商売というか、金貸し業をしていたという話もあります。

井伊家にも井伊家の領民にも、かなりお金を貸していたようです。

今川家が「徳政令」といって、領民の借金を一旦帳消しにする政策を取った時

損をする側の瀬戸方久(ムロツヨシさん)と直虎は協力しあって抵抗しました。

 

その後、今川家相手に武器の調達や、築城など商売をして、築城に関わった浜松市にある堀川城の城主になったとも言われています。

 

永禄11年(1568年)に徳川家康が攻めてくることを知った瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、すぐに徳川に家宝の刀をプレゼントして徳川方につきました。

ここまでは、瀬戸方久(ムロツヨシさん)のサクセス・ストーリーです。

 

でも永禄12年(1569年)に徳川家康が攻めてくると、今川家に恩のある人達の抵抗にあって、瀬戸方久(ムロツヨシさん)は堀川城を脱出。

それから出家して静かに余生を暮らしていたのですが、最後は浜松市の気賀村の地頭と揉めて、慶長11年8月15日(1606年9月17日)に処刑されました。81歳でした。

 

人生の半分を直虎と共に生きた瀬戸方久、ムロツヨシさんがどんな風に演じてくれるのか楽しみですね!

高橋一生『直虎』切ない最後!小野但馬守政次は裏切らなかった?

矢本悠馬演じる中野直之についてはこちら

田中美央演じる奥山六左衛門と中野直之の関係はこちら

本田博太郎さん演じる中村与太夫についてはこちら

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 大河ドラマ