松重豊ドラマ『貴族探偵』で執事の山本役!どんな役?ブログは男の魅力で溢れてる

      2017/04/23

松重豊 ドラマ 貴族探偵 執事 山本 役 どんな ブログ 男 魅力

夜食テロと言われた『孤独のグルメ』のイメージや、怖いおじさん役が多い松重豊さんが、相葉雅紀さん主演のドラマ『貴族探偵』に出演します!

松重豊さんが演じるのは、執事の山本。

そこで今回は『貴族探偵』がどんなお話なのか、松重豊さんが演じる執事山本にフォーカスしたいと思います!

他には松重豊さんがブログで見せてくれる男の魅力についても紹介します。

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『貴族探偵』の原作とは?どんなドラマになる?

ドラマ『貴族探偵』の原作は、推理小説で人気がある麻耶雄嵩(まや ゆたか)さん著の小説『貴族探偵』と『貴族探偵対女探偵』です。

この2冊は短編小説集となってます。

原作の小説を読むなら

  1. 『貴族探偵』
  2. 『貴族探偵対女探偵』

の順に読んで下さい。

順番に読んで前情報があれば、貴族探偵がいきなり登場しても「誰?」ってならずに済みます。

 

この2冊の小説は、”貴族探偵”という探偵が主人公の推理小説のように思いますよね。

でも読んでみると、小説『貴族探偵』の方は、毎回違う登場人物の目線で物語は進みます。

事件が起きて、巻き込まれた人や刑事さんたちが困っているところに、貴族探偵が現れて、颯爽と”貴族探偵”の使用人が推理していくお話です。

 

一方、小説『貴族探偵対女探偵』の方は、女探偵・高徳愛香(武井咲さん)の目線で物語は進みます。

偶然事件に出くわしたり、仕事の依頼で探偵業をこなす女探偵・高徳愛香(武井咲さん)が果敢に推理します。

そして後から登場した”貴族探偵”の使用人に高徳愛香(武井咲さん)の推理は、ほとんど毎回ひっくり返されます。

高徳愛香(武井咲さん)はプライドを傷つけられるし、”貴族探偵”の言動に腹が立つしで…若さを感じるお話です。

タイトルは『貴族探偵対女探偵』だけど、全然勝負になってないんですよねー。

 

『貴族探偵』と『貴族探偵対女探偵』の両方に松重豊さん演じる執事・山本は登場します。そしてスマートに活躍していくのです!!!

 

では次に、『貴族探偵』での松重豊さんの役どころについてのお話です。

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

スポンサーリンク

 

松重豊さんは『貴族探偵』でどんな役?

松重豊さんが、ドラマ『貴族探偵』で演じるのは、貴族である”御前様”に使える執事・山本です。

まず、山本の特徴は

  • 背は低い
  • ガッシリした体型
  • 蝶ネクタイに黒のモーニング
  • 声は低い
  • 慇懃な態度(めちゃくちゃ礼儀正しいってことです。)

 

執事・山本は背が低くがっしり体型ということなので、188cmという日本人にしてはかなり長身の松重豊さんと外見は、全然違いますね。

でも外見の違いこそありますが、不必要な発言は一切ない寡黙なイメージは同じかもしれません。

山本(松重豊さん)は、執事としての仕事はパーフェクトで、”貴族探偵”からの信頼はとても熱いのです。

おまけに、”貴族探偵”からの細かい指示なしで、テキパキと捜査をして、ものの数時間で推理も終わらせる超有能、もしかしたらIQ246くらいあるかもしれません!

ま、フィクションなので。

 

 

松重豊さんのブログは静かな男の魅力がいっぱい

松重豊さんって、ブログで拝見していると微笑ましいキャラクターなんですよ。

『孤独のグルメ』のイメージとカブりますが、梅の花を見て

梅酒をつけるぞ

と書かれています。

 

手が荒れてるから”良い匂いのハンドクリーム”を塗るとか(←松重豊さんが良い匂いのハンドクリーム!)

スカイツリーより東京タワーが好きとか(←これはイメージ通り)

静かで落ち着いた雰囲気で、良い意味で「昭和の男」という印象です。

 

 

松重豊さんが執事・山本の役を、どんな風に演じてくれるのか楽しみです♪

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 本ネタバレ, 連続ドラマ