武井咲ドラマ『貴族探偵』で女探偵役!どんな役?あらすじや役どころを紹介

      2017/04/23

武井咲 ドラマ 貴族探偵 女探偵 役 どんな あらすじ 役どころ

2017年4月、武井咲さんが相葉雅紀さんが主演するフジテレビのドラマ『貴族探偵』に出演します!

今回は、ドラマ『貴族探偵』ってどんなドラマなのかや、武井咲さんがどんな役を演じるのかというお話です。

ドラマでは、武井咲さんと主役の相葉雅紀さんはどんな関係なのでしょうか?原作小説のあらすじも紹介します♪

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

スポンサーリンク

 

 

『貴族探偵』ってどんなドラマ?

 

『貴族探偵』は原作の小説が2冊あります。

小説のタイトルは、それぞれ『貴族探偵』と『貴族探偵対女探偵』で、短編の推理小説が幾つか収録されています。

著者は麻耶雄嵩(まや ゆたか)さん。

数多くの推理小説を書いている作家さんです。

 

”貴族探偵”とは、名前の通り、貴族の探偵が事件を推理して解決に導くお話なのですが、一風変わったところがあります。

それは、推理に必要な情報収集と推理そのものをするのは、”貴族”本人ではないというところです。

「御前様」と呼ばれる貴族は「探偵が趣味」と言いながら、情報収集も推理も「労働」だと言って、使用人にさせるんです。

 

小説『貴族探偵』の方は…

毎回事件が起きる。⇨捜査が難航しそうになる。⇨”貴族探偵”と名乗る探偵が登場する。⇨警察が気を悪くする。⇨”貴族探偵”の使用人が推理する。

という繰り返しです。

 

小説『貴族探偵対女探偵』の方は…

毎回事件が起きる。⇨女探偵が必至で推理する。⇨”貴族探偵”が使用人を連れて現れる。⇨女探偵の推理は失敗で、”貴族探偵”の使用人の推理で事件は解決する。

 

というストーリーです。

 

今回、武井咲さんが演じるのが、『貴族探偵対女探偵』の女探偵役なのです!

 

女探偵とは、どんな役なのでしょう?

次で詳しく紹介します!

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

 

スポンサーリンク

 

 

武井咲は『貴族探偵』でどんな役?

『貴族探偵』で武井咲さんが演じる女探偵の名前は、高徳愛香。

 

高徳愛香(武井咲さん)は大学を1年で中退して、探偵をしている師匠・喜多見切子(井川遥さん)のところに弟子入りしました。

初めて女探偵・高徳愛香(武井咲さん)が登場したとき、原作では

大学を中退してからはや5年。

と言っていたので、高徳愛香(武井咲さん)の年齢は、24歳~25歳でしょうね。

 

女探偵・高徳愛香(武井咲さん)はの師匠・喜多見切子(井川遥さん)は、癌を患って、半年前になくなっています。まだ若くて45歳だったのに。

 

それから高徳愛香(武井咲さん)は探偵として独り立ち!

 

まだ独立してから半年しか経っていない高徳愛香(武井咲さん)でしたが、師匠のお蔭で仕事の依頼も続きました。

大きな事件も2つ解決して、探偵としての自身も付き始めた矢先に、貴族探偵(相葉雅紀さん)に出会ってしまうのです。

 

女探偵・高徳愛香(武井咲さん)と貴族探偵(相葉雅紀さん)の初対面は最悪です!

 

偶然事件に居合わせた高徳愛香(武井咲さん)が、張り切って推理したところ、犯人だ!と思った相手が貴族探偵(相葉雅紀さん)だったのです。

 

高徳愛香(武井咲さん)は貴族探偵(相葉雅紀さん)に嘲笑されるわ、貴族探偵の執事の山本(松重豊さん)に鮮やかに推理をひっくり返されるのです。

貴族探偵(相葉雅紀さん)に

「看板に偽りありですね。

と言われて、ムキー!!!ってなっちゃいます。

高徳愛香(武井咲さん)は、推理をしない貴族探偵(相葉雅紀さん)が”探偵”と名乗ることが許せない!と思うわけですね。

普通の人は「許せない」とは思わないでしょうが、”探偵”業が本業の人から見たら、趣味で”探偵”をして、更には自分で労働しない貴族探偵なんて許せない気持ちになるのはわかります!

 

ドラマでは、きっと熱血女探偵の武井咲さんと、ひょうひょうと余裕しかない態度の貴族・相葉雅紀さんが見れるのではないでしょうか?

楽しみですね♪

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

 

スポンサーリンク

 - 人物, 本ネタバレ, 連続ドラマ