上地雄輔『べっぴんさん』で亀田役!家族は?2017年出演ドラマと映画紹介

   

上地雄輔 べっぴんさん 亀田 役 家族 子供 2017 ドラマ 映画

朝ドラ『べっぴんさん』にまた新メンバーです!

上地雄輔さん演じる、龍ちゃんの友だちで、プロカメラマンの亀田です!

亀田(上地雄輔さん)はどんな役どころなんでしょう?

その他、上地雄輔さんの家族についてや、2017年出演のテレビドラマと映画について紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

上地雄輔『べっぴんさん』でどんな役?

朝ドラ『べっぴんさん』で上地雄輔さんが演じるのは、カメラマン・亀田。

亀田(上地雄輔さん)は、キアリスの創業者良子ちゃん(百田夏菜子さん)の息子で、世界を放浪して帰ってきた自然体の青年・龍ちゃん(森永悠希さん)の友人です。

カメラマンという職業の亀田(上地雄輔さん)ですが、ただのカメラマンではありません!

『べっぴんさん』の設定では、

映画作りのプロフェッショナルで、現在は、大阪の制作会社に身を置く。

ということで、映画の専門家なんですね!

そんな亀田(上地雄輔さん)の出で立ちはこちら!⇩

 

__ ふるぽんと共演できるかな?❤️ 楽しみすぎるね😊 #上地雄輔 #古川雄輝 #べっぴんさん

shioriさん(@2kmj__bro)がシェアした投稿 –

すごい!上地雄輔さん、”いかにも”な服装です!

映画監督とか、その辺りの髪型と服装に見えます~

 

亀田(上地雄輔さん)の腕は本場アメリカ仕込みで、性格は陽気。

龍ちゃんとめちゃくちゃ気が合いそうで、フィアンセの美代ちゃんがいなくなってホッとしてる良子ちゃんの血圧上げそうな予感です。

 

でもね。亀田(上地雄輔さん)は、なにやらキアリスのために全面的に協力して働いてくれるそうなんです。

それはどんな仕事かというと・・・

 

「キアリスガイド」です!

  • 監督:紀夫(永山絢斗さん)
  • 脚本:明美(谷村美月さん)
  • 主演:藍(赤ちゃん子役 or 渡邉このみちゃん)

というメンバーで制作する「キアリスガイド」に全面的にプロの亀田(上地雄輔さん)が協力してくれるのです。

 

映画のプロが協力してくれるなんて頼もしいですね!

 

演じた上地雄輔さんは

「自分でも少しやり過ぎたかな…と思ったくらいクセのある役で、終盤の『べっぴんさん』を引っかき回したかもしれませんが、ほどよい緊張感と温かい雰囲気に包まれました」

 

と言っているので、面白いキャラクターなんですね!

紀夫は孫娘にデレデレするに決まってるし、それも楽しみです♪

 

 

スポンサーリンク

 

上地雄輔の家族は?2017年子供が生まれました!

 

 

『べっぴんさん』で、素晴らしい働きをしてくれる上地雄輔さんは

プライベートも120%充実しているみたいです!

 

2015年8月に、15歳の時に知り合ったという元同級生の一般女性と結婚した上地雄輔さんは、2016年10月にお嫁さんの妊娠を発表しました。

 

そして2017年1月7日、上地雄輔さんは、自身のブログで⇩のように言っています。

「今日、クルーが1人増えました」「いーなの年の、いーなの日に。でっかいんだけど小ちゃい小ちゃい超元気な天使が仲間に(笑)どーか、心のどっかでそっと見守って頂けたら嬉しいです」

 

小ちゃい小ちゃい超元気な天使という表現が良いですね!

上地雄輔さんの愛情を感じます♡

 

なお、性別は明かさないそうです。

 

 

お嫁さんも一般人の方なので、静かに子育てされたいのだと想像します。

またブログで可愛いお子さんの話とか、書いて欲しいです!

 

 

 

 

上地雄輔2017年出演ドラマと映画は?

結婚して子供も授かった上地雄輔さんは、2017年もバリバリ働きます!

2017年に出演予定のテレビドラマは

NHK朝ドラ『べっぴんさん』・・・(プロカメラマン・亀田 役)

NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』・・・(主人公バルサの父・カルナ 役)

 

わぁ…バルサの父・カルナですか。

上地雄輔さんの衣装も、ちょっと楽しみです♪

 

そして、2017年に出演予定の映画は

新宿スワンⅡ・・・( 森長千里 役)

『新宿スワン』は新宿に実在したスカウト会社を舞台にした、何ていうかな…

極道とは違うんだけど、極道の親戚のような…、ゴメンナサイ上手く表現できません。

とにかく上地雄輔さんが演じる森長千里は、義理堅いところもあるんだけど、怖い人。

 

君の膵臓をたべたい ・・・(バイプレーヤーとして)

『君の膵臓をたべたい』はオカルトやホラーじゃないです。青春モノの文学で

ラブストーリーでもないです。

原作はこちら⇩

 

主人公・僕が高校生の時に、膵臓の病を抱えた女の子と関わる中で、様々なことを気付いていく感動ストーリーです。

ハッキリ言って、絶対泣けます。

 

上地雄輔さんが演じるのは、主人公が大人になってから登場するキャラクターで、膵臓の病気でなくなる少女・美波の親友・恭子が、大人になってから勤める花屋の同僚です。

『君の膵臓をたべたい』は、若い人から歳を重ねた人までハンカチ必須の映画です。

じっくり観たい映画です。

 

赤ちゃん生まれると、私生活も慌ただしいと思いますが、上地雄輔さんの今後の活躍も楽しみですね♪

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 朝ドラ