市川海老蔵『直虎』で織田信長役!いつまで観れる?直虎との関係は?

   

市川海老蔵 直虎 織田信長 役 いつまで 関係

市川海老蔵さんが大河ドラマ『おんな城主直虎』で織田信長役で出演することが決まりました!

これまで『おんな城主直虎』では、歴史の勉強でお馴染みだった今川義元と徳川家康は登場していますが、日本人なら誰でも知ってる織田信長との関わりはまだ放送されていませんでしたね。

そこで今回は、「直虎」と「織田信長」の年表を確認して、今回の大河ドラマで市川海老蔵さんがいつまで出演するのか予想してみます♪

あの悲劇も市川海老蔵さんが命じます!

 

スポンサーリンク

 

 

 

織田信長の歴史と直虎の歴史を比べてみると

まずは、直虎の年表と織田信長の年表を確認してみましょう!

分かりやすくするため、直虎(柴咲コウさん)をピンク織田信長(市川海老蔵さん)をブルーで書いてみます!

 

※直虎(柴咲コウさん)の出生年はわからないので、出家した年からスタートします。

 

 

1544年:直虎(柴咲コウさん)が出家

1548年:織田信長(市川海老蔵さん) 15歳。 美濃の斎藤道三の娘・濃姫と結婚。

1551年:織田信長(市川海老蔵さん) 18歳。 父・信秀がなくなり織田家の家督を継いだ。

1555年:井伊直親(三浦春馬さん)が井伊谷に帰参して「しの(貫地谷しほり)」と結婚して、今川の家臣に復帰。

 

 

1560年:桶狭間の戦で直虎の父・井伊直盛(杉本哲太さん)がなくなる。

同年:織田信長(市川海老蔵さん) 27歳。 桶狭間の戦で今川義元を討った。

 

1562年: 織田信長(市川海老蔵さん)29歳。徳川家康(阿部サダヲさん)と清洲同盟を結成。
同年:井伊直親(三浦春馬さん)が徳川家康と仲良くしてることを理由に、小野政次(高橋一生さん)にハメられて今川氏に討たれる。

1565年:直虎(柴咲コウさん) 還俗し、「次郎法師」から「井伊直虎」に名前を変え、おんな城主になる。

1568年:直虎(柴咲コウさん)が小野政次(高橋一生さん)に井伊谷を乗っ取られる。

その後、徳川家康(阿部サダヲさん)の助けで、直虎は再びおんな城主になる。

 

1569年:直虎(柴咲コウさん)が徳川家康(阿部サダヲさん)にお願いして、小野政次(高橋一生さん)を討ってもらう。

 

1572年:井伊谷は武田信玄に攻め込まれて、直虎(柴咲コウさん)は浜松に逃げる。

 

1573年:武田信玄が病でなくなり、直虎(柴咲コウさん)は、井伊谷のおんな城主に復活。

1575年:井伊直親(三浦春馬さん)の息子・井伊直政(菅田 将暉さん)が徳川家康(阿部サダヲさん)の家臣になる。

1576年: 織田信長(市川海老蔵さん)43歳。 近江国に安土城を建て始める。

1579年: 織田信長(市川海老蔵さん)46歳。徳川家康の正室築山御前(菜々緒さん)と息子・松平信康を処刑する

1582年:直虎(柴咲コウさん)生涯を閉じる。

同年6月2日: 織田信長(市川海老蔵さん)49歳。中国地方へ出陣する途中、京都の本能寺で明智光秀の謀反・「本能寺の変」があり、自害した。

2人の人生の最後が同じ年なのに驚きました!

 

 

市川海老蔵さんの織田信長はいつまで観れる?

直虎(柴咲コウさん)と織田信長(市川海老蔵さん)の年表で気が付きましたよね!

直虎と織田信長は、没年が同じ年です。

そして、政治的にも戦的にも関わりが深いことがわかりますね!

 

ということは…大河ドラマ『おんな城主直虎』の最終回くらいまで、織田信長(市川海老蔵さん)は生きていて、活躍するはずなんですね。

悲しいのは、直虎(柴咲コウさん)の良き友であり、親戚の築山殿(菜々緒さん)の処刑を命じてしまうのが織田信長(市川海老蔵さん)というところです。

 

『おんな城主直虎』のチーフ・プロデューサー・岡本幸江は

「エネルギーにあふれて気短、とてつもなく恐ろしく、かつ息をのむほど美しい。そんな海老蔵さんならではの信長が誕生します。登場まで今しばらく、お楽しみに」

と言っています。

市川海老蔵さんの、”息を呑むほど美しい織田信長”が楽しみでたまりません~

大河ドラマでは、史実に沢山の脚色が入るので、どんな風に描かれるのか楽しみですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 大河ドラマ