林遣都ドラマ『火花』で徳永役!原作あらすじとネタバレも紹介

   

林遣都 ドラマ 火花 徳永 役 原作 あらすじ ネタバレ

一日に財布を2回も落としたことがある、うっかり者ですが、日本人離れしたイケメンの林遣都さんが、次々に映画やドラマに出演してます!

現在、NHKの朝ドラ『べっぴんさん』と、NHKの大河ファンタジー『精霊の守り人』に出演中の林遣都さんが主演するドラマ『火花』が、またまたNHKで放送されます!

同じ曲で一度に3本って、驚きですね。

というわけで、今回は、NHKで同時進行3本目の連続ドラマ『火花』についてのお話です。

ドラマ『火花』で林遣都さんは、どんな役なのか、『火花』の原作やあらすじ、ネタバレまで紹介します♪

林遣都べっぴんさんでジャズドラマー役!誰に似てる?石原さとみに壁ドン動画あり

 

スポンサーリンク

 

 

林遣都主演のドラマ『火花』の原作は?

 

日曜日の深夜11時からNHK総合で放送される、林遣都さん主演のドラマ『火花』の放送が始まりますね!

この『火花』、原作は小説です。

小説『火花』の作者は、又吉直樹(またよし なおき)さん。

お笑いコンビ・ピースの芸人さんです。

↑又吉直樹さん。

 

小説『火花』が発表されたのは2015年で、第153回・芥川龍之介賞の受賞作です。

『火花』は、芥川賞を受賞した作品だってことと、作者が芸人さんだったこともあって、話題性抜群だったのでベストセラー小説になったんです。

 

多分、文学好きにはたまらない小説だったのもあると思います!

 

そして『火花』は、2016年にネット配信のドラマになって、今年、2017年にNHK総合で連続ドラマとして放送されることになりました。

次は、ドラマ『火花』で林遣都さんがどんな役を演じるのかお話します。

 

 

 

 

林遣都ドラマ『火花』でどんな役?

 

 

ドラマ『火花』で林遣都さんが演じるのは、主役の芸人・徳永です。

この徳永、ピン芸人ではなく、漫才コンビを組んでいます。

若くて、まだ売れてない芸人さんなんです。

でも徳永(林遣都さん)は「お笑い」に対して、すごく純粋に沢山考えてて、芸人さんってこんなに奥が深い職業なのかと考えさせられる人。

夢に向かって進む熱い気持ちとか強い気持ちはあるのですが、まだ誰かを頼ってしまう弱いところがあります。

 

徳永(林遣都さん)は、同年代の人ならすごく共感できると思うし

年齢を重ねた人も「自分にもこんな時代があったよな。」と思えて、やっぱい共感できる人なんじゃないかな~。

 

では次は、ドラマ『火花』のあらすじとネタバレのお話です。

林遣都べっぴんさんでジャズドラマー役!誰に似てる?石原さとみに壁ドン動画あり

 

スポンサーリンク

 

 

林遣都主演のドラマ『火花』のあらすじとネタバレ

 

 

売れない芸人で、お笑いコンビ・スパークスの徳永(林遣都さん)と山下(好井まさおさん)は、ある夏の日、熱海の花火大会で漫才をします。

でもお客さんは全然笑ってくれませんでした。

すると、先輩芸人の神谷(波岡一喜さん)が

「仇とってたるわ。」と、舞台に立つんです。

カッコイイ先輩ではないですか!

しかも神谷(波岡一喜さん)のお笑いスタイルは、”媚びない”。

そして”天才的”!

徳永(林遣都さん)から見た神谷(波岡一喜さん)は、まさに「神」に見えたんです。

 

そして徳永(林遣都さん)は神谷(波岡一喜さん)に弟子入りし、神谷の「芸」も「芸に対する思い」も全てを吸収しようとします。

ジワジワ売れてくる徳永(林遣都さん)のコンビ。

一方、師匠の神谷(波岡一喜さん)は、売れずに苦しみます。

 

更に、弟子の徳永(林遣都さん)のマネをするようになり、徳永(林遣都さん)は神谷(波岡一喜さん)に幻滅します。

 

 

やがて、徳永(林遣都さん)の相方・山下(好井まさおさん)の彼女に赤ちゃんができて、生活のためにコンビは解散。

徳永(林遣都さん)は山下(好井まさお)以外のコンビは考えられなかったので、芸人を辞めるのです。

 

芸人を辞めた徳永(林遣都さん)は不動産屋でサラリーマンとして働いていました。

一方、師匠だった神谷(波岡一喜さん)は約1000万円の借金を作って行方不明。

 

1年後、徳永(林遣都さん)のところに突然、元師匠の神谷(波岡一喜さん)から連絡がありました。

 

徳永(林遣都さん)が久しぶりに会った神谷(波岡一喜さん)は、変わり果てた姿になっていて・・・・

 

ここからは原作のネタバレなので、楽しみにとっておきたい人は読まないで下さいね。

 

 

 

『火花』原作のネタバレと感想

徳永(林遣都さん)が見た、変わり果てた元師匠・神谷(波岡一喜さん)の姿とは、

Fカップになるほど胸にシリコンを入れていたのです!

 

「徳永(林遣都さん)なら、笑ってくれると思って・・・」

 

怖い、怖いわ!

笑えんわ!

と思ったのは徳永(林遣都さん)も同じ。

「哀れみ」とか「恐怖」とか、神谷(波岡一喜さん)がおかしくなっちゃったんだなーって感じるだけです!笑えない!

さすが芥川賞!

 

 

このシーンで、笑えない徳永(林遣都さん)と、完全に笑いのツボを外してしまった神谷(波岡一喜さん)は、ただただ一緒に泣くのでした。

 

その後、2人で思い出の熱海を訪れ、一緒に温泉に入って・・・

徳永(林遣都さん)は見ちゃうんです。Fカップの神谷(波岡一喜さん)を。

 

最後は、芥川賞にふさわしい(?)あっち側の世界に連れて行かれて

ちょっぴり切なく終わるのでした。

 

このドラマが夜中に放送されるのが腑に落ちて仕方ないです!

8時とか9時とかに放送し辛い内容ですね…。

 

ドラマ『火花』は、日曜の夜11時にNHK総合で放送されます。

2月26日スタート!

林遣都べっぴんさんでジャズドラマー役!誰に似てる?石原さとみに壁ドン動画あり

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 朝ドラ, 連続ドラマ