相葉雅紀主演ドラマ『貴族探偵』が面白そう!豪華キャストと原作ネタバレ

      2017/07/19

貴族探偵 ドラマ 小説 原作 相葉雅紀 中山美穂

2017年の4月スタートの月9ドラマ『貴族探偵』で相葉雅紀さんが主演します。

タイトル通り、推理モノのドラマなのですが、原作の小説も結構面白いので、どんなお話なのか、ネタバレ込で紹介しますね。

更にドラマ『貴族探偵』のキャストも紹介します♪

超豪華ですよ!

メイド役の中山美穂の記事はこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

スポンサーリンク

 

貴族探偵ってどんな話?

2017年春に始まるドラマ『貴族探偵』の原作は小説です。

作者は麻耶雄嵩(まやゆたか)さんで、シリーズものの推理小説です。

 

小説『貴族探偵』は短編集となっていて、まるで一話完結型のドラマみたいです。

そう言えば、

「貴族の末裔」で、IQが246もあって事件の謎を解くのが趣味っていうドラマがありましたね。

 

でも『貴族探偵』は、あのIQが高い貴族とは全く違って

「本人は推理しない」推理小説なんです。

 

主人公は貴族だけに、メイドさんとか執事とか、使用人が何人もいます。

そして警察上層部への強力なコネがあるらしく、そのコネもガンガン使っちゃいます。

あれ?やっぱり何処かで聞いたような…

 

さてさて、『貴族探偵』の小説は、「貴族探偵」と「貴族探偵対女探偵」の2冊がありまして

 

「貴族探偵」には

  • ウィーンの森の物語
  • トリッチ・トラッチ・ポルカ
  • こうもり
  • 加速度円舞曲
  • 春の声

の5話が収録されています。

 

「貴族探偵対女探偵」の方は

  • 白きを見れば
  • 色に出でにけり
  • むべ山風を
  • 幣もとりあへず
  • なほあまりある

と、こちらも5話収録されています。

 

具体的に、一部ネタバレになると思いますが、『貴族探偵』がどんなストーリーかというと

密室トリックとか、昔ながらの推理小説であるある的な推理モノです。

でも、『貴族探偵』がIQ246みたいな推理モノと何が違うかというと

主人公の能力が「貴族」とか「使用人がいる」とか、「警察上層部になんやかんや言える」ってだけで、推理しないんですね。

 

その代わり(?)使用人に素晴らしい人材が揃っているという

一風変わっった推理モノです。

 

「貴族」だからなのか、人に推理させたのは自分だから、事件を解決したのも自分で、

「推理など貴族の仕事ではない」

と言うんです。

何じゃそりゃ?って感じですが、ドラマ『貴族探偵』の主演が相葉雅紀さんなら

それも面白くなりそうですね♪

 

 

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

スポンサーリンク

 

貴族探偵の出演者は?

 

ドラマ『貴族探偵』の出演者は、怖いくらい豪華です!

早速紹介しますね!

 

【主役】貴族探偵・・・・・・・・・相葉雅紀

貴族探偵の運転手(佐藤)・・・・・滝藤賢一

貴族探偵のメイド(田中)・・・・・中山美穂

貴族探偵の執事(山本)・・・・・・松重豊

 

刑事(鼻形雷雨)・・・・・・・・・生瀬勝久

 

元探偵(喜多見切子)・・・・・・・井川遥

新人探偵(高徳愛香)・・・・・・・武井咲

 

謎の女・・・・・・・・・・・・・・仲間由紀恵

 

執事と運転手、つ…強そう。

メイドで中山美穂さんを使えるなんて、さすが貴族ですね。

超贅沢な感じがします。

メイド役の中山美穂の記事はこちら⇨

 

 

女探偵が武井咲さんで、その師匠が井川遥さん!!!!

刑事役が生瀬勝久さんて!

ドラマ『貴族探偵』の総出演料が怖いです。

 

小説の『貴族探偵』は、Amazonのカスタマーレビューで、☆3.5でしたが

ドラマのキャスト見たら、面白くなりそうな予感がしますね。

メイド役の中山美穂の記事はこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第1話のあらすじはこちら⇨

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじはこちら⇨

 

スポンサーリンク

 - 人物, 本ネタバレ, 連続ドラマ