ミカタスノーパーク料金と駐車場代が安い!絆クラブで体験してきました

   

ミカタスノーパーク 料金 駐車場 代 安い 絆クラブ 体験

ハエが止まりそうなスピードで滑るスキーヤー・まやです。

寒くてハエはいませんが。

 

今年もスキーが大好きな家族に付き合って、行ってきました。

 

というわけで今回は、兵庫県の北部にある「ミカタスノーパーク」の料金や施設などの体験談を書こうと思います。

驚きの安さや「絆クラブ」とは何でしょう?

スキー場選びの参考にして下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

ミカタスノーパークってどこ?

ミカタスノーパークは、兵庫県の美方郡香美町小代区新屋1024に位置します。

 

ナビ設定は、「ミカタスノーパーク」又は「0796-97-2297」でできます。

国道482号線から県道87号線に入ってからも集落があって、雪国の生活に感心しちゃいました。

途中、雪崩が起きやすい場所があるので、車のスピードは抑えめで行って下さいね。

 

 

ミカタスノーパークのリフト料金と駐車場代はいくら?

 

ミカタスノーパークは、他のスキー場より安いです!

若干遠くても、料金の安さはやっぱり魅力ですね。

 

では、駐車場料金から。

 

駐車場料金

 

駐車場は、第1から第4までありますが、休日でも全部満車になることは殆どないと思います。

案内のおじさんがいるので、おじさんに従って駐車場に入って下さい。

 

リフト券を購入する「センターハウス」までの距離が近い順から。

  • 第1駐車場
  • 第2駐車場
  • 第3駐車場
  • 第4駐車場

となっていて、駐車場料金は一律です。

駐車場料金

平日・・・・・無料

土日祝日・・・1000円(絆クラブ会員は500円)

※シーズン券を持っている人は、いつも無料です。

 

「絆クラブ」というのは、ミカタスノーパークの会員制度みたいなものです。

事前にスマホなどで絆クラブの会員登録をして、リフト券売り場でスマホ画面を見せると「絆」と書いてある会員証をもらえます。

絆クラブ入会はこちらからどうぞ⇩

リフト料金

 

リフト料金は、「絆クラブ」の特典には入っていないのですが

そもそも安い!

 

☆一日券(8:00~16:50)

  • 一般(高校生から)・・・・・2,500円
  • 小学生まで・・・・・・・・・ 500円
  • 中学生・・・・・・・・・・・ 1,500円
  • シニア(50歳から)・・・・・2,000円

 

☆午後券(12:00-16:50)

  • 一般(高校生から)・・・・・2,000円
  • 小学生まで ・・・・・・・・・・500円
  • 中学生まで・・・・・・・・・ 1,500円
  • シニア(50歳から)・・・・・1,500円

 

☆一回券(シーズン内は有効です。)

大人も子供もシニアも、一律400円です。

 

中学生以下の子供のリフト料金は、1日券も半日券も一緒なんですよ。

 

大人の一日リフト券の料金が2,500円っていうのも驚きですが

平日はウィークデイ優待プランがあり

月曜日:誕生月別女性DAY
火曜日:女子学生DAY
水曜日:レディースDAY
木曜日:ママさんDAY
金曜日:学生さんDAY

となっています。

対象の人は、一日リフト券の料金が2,500円→1,900円になります。

やたらと女性に優待してます!

 

 

 

ミカタスノーパーク施設の感想

トイレと、売店と、レストランの感想です。

 

トイレ

まず、皆さんが気になるのはトイレでしょうか?!

トイレがあるのは

  • 第3駐車場
  • センターハウス
  • ゲレンデに3箇所

中でもセンターハウスのトイレは、便座の温かい暖房便座になっていてホッとします。

センターハウスのトイレは、広くて清潔でホッとします。

 

因みに子供用便器や、オムツ替えスペースはありません。

うちの子がオムツしてた時は、車の中でオムツ替えしました。

 

レストラン

ミカタスノーパークのレストラン・・・っていうか食堂は、センターハウスに入って右側にあります。

食券を買って注文する形式です。

レストランで食事する人も多いですが、センターハウス内でカップ麺を食べている人も多いです。

「絆クラブ」の会員は、平日ならドリンクがサービスになります。

 

 

スポンサーリンク

 

売店

現在、ミカタスノーパークの売店は、食堂・・・もといレストラン内にあります。

お菓子や雪遊び用のおもちゃや、色々売ってます。

 

 

 

スキー・スノボーレンタル

レンタルハウスは、センターハウスと第2駐車場の間にあります。

レンタル料金はこちら⇩

  • スキー&ブーツセット 4,000円
    (絆クラブ割引で3,500円)
  • ボード&ブーツセット 4,000円
    (絆クラブ割引で3,500円)
  • ウェア上下セット 4,000円 
  • スキーのみ 2,000円
  • ブーツのみ 1,000円
  • アクセサリー類 500円

 

センターハウス内

センターハウスやゲレンデのロッジには、石油ストーブがあり

手袋などを干せるようになっています。

因みにセンターハウスの奥には、手動のサッカーゲームがあって

昭和な雰囲気です。

やってみると意外と面白かったですよ♪

自動販売機でジュースなど飲み物も買えるので、缶・ビン・ペットボトルのゴミ箱はあります。

でも燃えるゴミのゴミ箱は見当たらなかったので、基本はお菓子のゴミなどは持ち帰りがベストですね。

 

貴重品を入れるロッカーもあります。

 

 

ゲレンデ

2番めのロマンスリフトが結構長距離で、そこで満足してしまう私です。

ハーフパイプもありますよ。ただし、大雪の後は雪で埋まってました。

 

 

最後に

いかがでしたか?

我が家には3人の子供がいるので、母親目線でのスキー場紹介になりましたが、ミカタスノーパークはゲレンデも充実していて人気なんですよ。

初心者から、そこそこ上級者まで十分楽しめるスキー場だと思います。

もちろん子供連れにもおすすめのスキー場です。

何より料金が魅力的ですね。

スキーやスノボー、高くて何度も出来ないよ!という方は

ぜひミカタスノーパークをチェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 - おでかけ