窪塚洋介がハリウッドデビュー!干されたのは嘘?息子もイケメン

      2017/07/19

16歳でデビューした時から、かなりイケメンだったし、俳優としても「実力派」というイメージの窪塚洋介さんが、ハリウッド映画『沈黙ーサイレンスー』で注目されています。

今回は、窪塚洋介さんが注目されている映画「沈黙ーサイレンスー」って

どんな話なのか、ちょっとネタバレと窪塚洋介さんの息子がイケメンに成長しているので見てみましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

窪塚洋介出演の映画『沈黙ーサイレンスー』のあらすじ・ネタバレ

 

窪塚洋介さんは、干されてるんじゃなくて、ドラマにはもう出ないと決めているらしくて、毎年2本くらい映画に出演しています。

昨年公開された窪塚洋介さんの映画はないけど、映画の撮影のはビッチリ入ってたはずなので

レゲエの音楽活動と合わせて、お忙しかったと思います。

 

で、今年の1月21日に公開された遠藤周作さんの小説「沈黙」を

ハリウッドのマーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙ーサイレンスー』の

ネタバレ的あらすじを紹介しますね。

 

 

映画『沈黙ーサイレンスー』のあらすじ

 

時代は江戸初期。島原の乱の後。

日本で禁止されているキリスト教を布教するために来て

キリスト教をやめちゃったというイエズス会の神学者の情報を聞いた

ローマに居た弟子たちは、真相を確かめるために日本を目指しました。

 

その途中、マカオで出会った日本人「キチジロー」(窪塚洋介さん)が

弟子たちを日本に案内します。

キチジロー(窪塚洋介さん)は、軟弱者で、自分の命惜しさに踏み絵をするわ

密告するわ…。

 

 

 

キリシタンを取り締まる奉行所は、キリシタン同士の仲間の命を盾に

棄教(キリスト教をやめることですね)を迫ります。

 

想像するだけで辛いですが、観る人にたくさんのことを投げかける映画です。

 

信仰心とは?人間とは?命とは?神とは?

 

いや、キリスト教を布教する人達、アメリカ大陸で

ネイティブインデアン相手に

「太陽神を信仰するの辞めて、キリスト教信者になれ!」って拷問してたけど

 

この『沈黙ーサイレンスー』では、完全にキリスト教徒が被害者の側で考えます。

歴史も学べて、人として色々考えさせられたり、感動もできて

窪塚洋介さんの俳優としての力を再認識できる映画ですね。

 

もちろん監督もすごい人だし、他にも日本人の出演者を観れます。

 

『沈黙ーサイレンスー』での日本人の出演者も見どころの一つですね。

 

出演している主な日本人俳優はこちら⇩

  • 窪塚洋介
  • 浅野忠信
  • イッセー尾形
  • 塚本晋也
  • 小松菜奈
  • 加瀬亮
  • 笈田ヨシ

 

歴史に残る映画になるかもしれませんね。

 

それにしても、「窪塚洋介さんは干されてる」なんて噂があるけど、ほんとに沢山の映画に出演しています。

「干されてる」んじゃなくて、自分で仕事を選んでるんでしょうね。

カッコイイー☆

 

窪塚洋介さーん!テレビドラマにもカムバックー!

 

 

スポンサーリンク

 

窪塚洋介父と息子でイケメンです

 

2003年にデキ婚した窪塚洋介さんには、13歳になる息子くんがいます。

窪塚洋介さんの息子の名前は、愛流くん。

 

 

#yosukekubozuka ”My son My sun”

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)が投稿した写真 –

 

うわ~、こんなカッコイイ父と息子がいるんですねー。

 

息子の愛流くんは、現在中学生。

陸上部に入っています。

陸上大会で息子の頑張る姿を見に行った窪塚洋介さんは

 

中学生からサインを迫られ、

即席サイン会にたいな列になってもーた(笑)
イマドキの中学生も知ってるのか俺のこと…

なんてコメントしてました。

 

他には、こんな投稿も。⇩

 

#yosukekubozuka ”Grow up as you feel”

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)が投稿した写真 –

 

窪塚洋介さんと愛流くん、良い笑顔ですね!

これからも活躍して下さい!!

 

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 映画