アワフン族『地球一周するなんて』のアマゾン戦闘民族はどんな先住民?

      2017/02/09

テレビ朝日の『地球一周するなんて(笑)』に登場する、アマゾンの奥に住む先住民族・アワフン族

そう言えば以前、NHKスペシャルではイソラドとかやってましたね。

今回『地球一周するなんて(笑)』で紹介されるアワフン族は、”未開の”先住民というより、周りに住む開拓された環境にも馴染んでいるみたいで…

調べてみたら、色々わかったので、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

アワフン族はどこに住んでる?人口は?

 

アワフン族が住むのは、ペルー。

アマゾンのマラニョン川やその支流の流域で、ペルーとエクアドルの国境付近です。

結構広いですね。

そして、アワフン族の総人口は約8000人。

ペルーの人口が3,115万人なので、その中でアワフン族は0.025%です。

 

 

 

アワフン族はどんな人達?戦闘民族?

 

アワフン族はインカ人の末裔でもなく、インカ帝国に征服されなかった民族です。

征服されなかった=戦闘に強い民族

というわけで、アワフン族は「戦闘民族」と言われてるそうです。

 

アワフン族はインカ帝国に征服はされませんでしたが、全く関係なかったわけではないみたいですよ。何かしら関わりはあったみたい。

 

インカ帝国が滅んだ後、何度もスペイン人がアワフン族を征服しようとしたんだけど、できませんでした。

アワフン族は、自分たちの先祖から受け継いだ土地と、生活を守るために
絶対に屈服せずに戦いました。

これも「戦闘民族」と言われる理由ですね!

 

 

アワフン族の結婚は、一夫一婦制。又は一夫多妻制。(どっちやねん?!)
何人も養えるならってことでしょうか?

それともエライ人にはたくさん嫁がいるのかも。

 

話す言語は、Aguaruna(アグアルナ?)語。

 

 

先住民族で、アマゾンの奥地に住んでいるアワフン族なので

生活手段は、狩猟や釣り、農業が基本だけど、

米、コーヒー、ココアやバナナを栽培して収入を得ています。

薬用植物も取引しているらしいです。

物々交換や、現金収入で狩りで使う銃も手に入れています。

 

生きていくには色々やらないとね。

 

 

 

 

アワフン族どんな習慣?

 

アワフン族は半遊牧民で、定期的に移住します。

ロープやカゴを作れるし、カヌーも作れます。

 

織物も作れます。

植物の種や昆虫を使って、アクセサリーも作ります。

アワフン族、意外と沢山の技術がありますね。

 

スポンサーリンク

 

 

アワフン族は何を食べてる?

 

アワフン族は動物の肉や魚、木の実を食べています。

バク、小さなサイズのシカ、オセロット(山猫みたいな大きなネコ)と
ジャガー、カワウソ、猿、鳥。

たくさん種類がありますね。

アワフン族は、狩りできるものなら何でも食べるんですね。
当たりまえかー。

 

アワフン族は狩りで得た獲物の肉を食べ、皮や羽、歯や骨も
色々なことに利用します。

 

狩猟の道具は、昔は硬いヤシの木で作った槍と吹き矢でした。

最近はペレットショットガンを使うらしくて、槍は廃れたそうです。

でも吹き矢は、まだ使うみたいですよ。

 

アワフン族は、食用で虫も捕ります。

薬にするために蜂蜜も集めるというのですが、ローヤルゼリーかな?

 

農業に使う道具は、昔はヤシの木から造るワイ(棒みたいなもの)を使っていましたが、最近では斧、ナタ、シャベルも使います。

アワフン族は、便利なものも伝統的なものも、上手に使っているみたいですね。

 

 

アワフン族の宗教は?

 

アワフン族の信仰している宗教は、いわゆる多神教。

昔の日本みたいに、色んな神様がいて
偶像崇拝もするし、太陽や大地の神も信じてます。

 

ちゃんと(?)アワフン族にはシャーマンもいて

幻覚を見れる植物を使って、イタコみたいなこともして

亡くなった人と会話したりするし

病気のケアとかしてくれます。

 

アマゾンの奥地、自分では行けないけどテレビで見ると面白いですね!

また、アマゾンの◯◯!とかの番組観たいです♪

 

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類