煮豆後の鍋の白い汚れをキレイに落とす方法!この白い汚れは何?身体に悪い?

      2017/01/05

煮豆 後 鍋 白い汚れ 落とす方法 白い汚れ 何? 身体に悪い?

煮豆が美味しい季節です。
上手に煮豆ができて喜んだのも束の間
鍋に白い汚れがついてる!

こすっても落ちない、煮豆後の鍋についた白い汚れは何でしょう?

このまま鍋を使い続けると、身体に悪影響はないのでしょうか?

鍋の白い汚れを、簡単にキレイに落とす方法と合わせて紹介します!

 

スポンサーリンク

 

豆を煮た後の鍋についた白い汚れは何?

豆を煮た後、鍋が白くなったのなら
間違いなく豆の灰汁(アク)です。

食器洗い用の洗剤で洗っても、鍋の白い汚れは取れないし
タワシでゴシゴシこすってっもキレイになりません。

熱いうちにこすっても、白い汚れは取れないし
重曹を入れて煮立ててもキレイになりません。

 

この煮豆を作った後の鍋、白い汚れがついたままで
身体への影響はないのでしょうか?

白い汚れがついたまま鍋を使うと身体に悪い?

肉でも野菜でも、煮ると多少は灰汁(アク)が出ますね。

灰汁(アク)には身体に悪いものと、悪くないものがあります。

 

身体に悪くない灰汁(アク)を出す野菜

  • ジャガイモ
  • サツマイモ
  • 人参
  • タマネギ

などがあります。

 

身体に悪い灰汁(アク)を出す野菜

  • ホウレンソウ
  • タケノコ
  • 山菜

などです。
これらの野菜のゆで汁は捨てて下さい。

煮豆を作る時に出る豆の灰汁(アク)
渋みやえぐ味、苦味を含みますが、この灰汁(アク)の正体はサポニンです。

サポニンは強い抗酸化力があって、動脈硬化の予防にも役立ちます。
血液中にある中性脂肪やコレステロールを減らす働きもします。

肥満予防にも良い成分ですね。

ということは、煮豆の時に鍋についてしまう白い汚れは
身体に悪いものではないので、気にしなくて良いんです!!!

 

でも鍋はキレイにしたいんですけど・・・という人のために
煮豆の後の鍋についた白い灰汁(アク)を取る方法を紹介します♪

 

スポンサーリンク

 

鍋の白い汚れを取る方法

煮豆の後の鍋の白い汚れの正体は、豆の灰汁(アク)で
身体に悪いものではないのはわかったけれど

鍋をキレイにしたい!という人はこの方法を試してみて下さい♪

 

用意するもの

  • 酢 or レモン汁 or クエン酸
  • 柔らかいスポンジ

 

豆の灰汁(アク)はアルカリ性なので
酸性のものなら、酢でもクエン酸でも良いです。

 

白い汚れの取り方

用意したものが酢やレモン汁、クエン酸水なら

  1. 直接鍋に垂らしてスポンジで優しくこする。
  2. 白い汚れが落ちたらすぐ、水ですすぐ。

垂らす液体の量は適当です。

 

用意したものが粉末のクエン酸なら

  1. 小さじ1/2のクエン酸を、パラパラと鍋に入れ
    たっぷり水を含んだスポンジで、優しくこする。
  2. 白い汚れが落ちたらすぐ、水ですすぐ。

(注意:アルミの鍋は酸やアルカリに弱いので、
汚れが落ちたらすぐに
すすぎ、水分を拭き取っておきましょう。)

 

どうですか?
煮豆の後の鍋がキレイになりましたか?

 

鍋が白くなった原因が、豆を煮たことなら
ここで紹介した方法でキレイになります。

白く汚れた鍋も、簡単にキレイになるので
ぜひまたサポニン豊富な豆を煮て下さいね♪

 

スポンサーリンク

 - 掃除, 生活