成宮寛貴の弟が卒業した大学はどこ?偏差値は?

      2017/07/17

オシャレでどんな悪役も魅力的に演じてしまう俳優の成宮寛貴さん。

ふわっとした外見の成宮寛貴さんですが、実はすごい苦労人なのです。

母子家庭で、中学生の時にお母さんが病気で他界されて

成宮寛貴さん本人は高校も行かずに働いて

6歳下の弟を大学院まで行かせたというのですから、

成宮寛貴さんの好感度はうなぎ上りですよね。

 

ではその幸せな成宮寛貴さんの弟さんはどこの大学に行かれたのでしょうか?

またその大学の偏差値は?

現在はもう社会人とのことですが、ちょっと逆上ってみましょう。

スポンサーリンク

 

成宮寛貴は弟を大学まで進学させたお兄ちゃん

 

1982年9月14日東京出身の成宮寛貴さんは母子家庭で育ちました。

母と6歳下の弟との3人暮らしったようです。

 

お母さんは成宮寛貴さんが中学生の時に病気で他界され

成宮寛貴さんと弟さんはお婆さんと暮らすことになりました。

生活は楽ではなく、成宮寛貴さんは高校進学を諦め

引っ越し業者などでアルバイトをして生活費を稼いでいました。

 

同い年の友達が楽しい高校生活を過ごしているのに

生活費を稼がないといけない、中卒だから低賃金の仕事しかない。

そんな生活がたまらなく辛くなった成宮寛貴さんは家出をしました。

住み込みで働けるところを探し、新宿2丁目で仕事を見つけしばらく暮らしていたようです。

 

でも残してきた弟のことが気になり、お婆さん宅へ戻ってみると

まだ小学生だった弟さんは、お兄さんの成宮寛貴さんに捨てられたと思って

泣き暮らしていたそうです。

 

これではいけないと思い直した成宮寛貴さんは、再び弟を養うために働き

弟のお弁当まで作る保護者っぷり。

新宿二丁目で働いていた成宮寛貴さんは、もちろんあの外見ですから

当時からキラキラした存在だったのでしょうね。

 

成宮寛貴さんの働く店にお客さんで来ていた、かたせ梨乃さんに勧められ

オーディションを受け、芸能界に入ったのです。

 

新宿二丁目で稼ぎ、芸能界で稼いだお金で

6歳下の弟さんを、高校、大学、大学院と進学した成宮寛貴さんの弟さんは

現在社会人となり、もう結婚されています。

 

こんな壮絶な環境で育った成宮寛貴さんの弟さんは

普通の家庭で育った子供より、「一生懸命生きよう!」という気持ちは強くなるはず。

その気持が進学した学校に現れているように思います。

 

ではどこの大学に進学されたのでしょうか?

スポンサーリンク

 

成宮寛貴の弟が卒業した大学はどこ?偏差値は?

 

人間の価値は学歴ではないけれど、収入と比例することは多いですよね。

中卒の成宮寛貴は、仕事をする上で学歴の重要さを実感したそうです。

 

だから、弟さんには勉強を頑張ってもらって

出来るだけのことをしてあげたかったのです。

 

都立高校を卒業した弟さんは、とりあえず現役で合格した大学があったのですが

1年浪人してででも、もっと良い大学に入って欲しいと成宮寛貴さんの希望で

一浪して東京理科大学に入学しました。

 

東京理科大学にはその名の通り、理系の大学です。

しかも私立の大学なので、学費は高いでしょうね。

 

 

では東京理科大学の学部、学科ごとに現在の偏差値を見てみましょう。

薬学部 ・・・偏差値58~65

理学部 ・・・偏差値45~63(夜間部含む)

工学部 ・・・偏差値55~63

理工学部 ・・・偏差値55~60

基礎工学部 ・・・偏差値55~58

経営学部 ・・・偏差値55~60

薬学部の薬学科が一番偏差値が一番高くなっています。

成宮寛貴さんの弟さんがいた学科などは公表されていないのですが

大学院まで進学しました。

 

お兄ちゃんがここまでしてくれるって感動ですよね。

そして、成宮寛貴さんの人生経験の深さを思いながら

彼の演技を観ると、また味わい深いものです。

 

その成宮寛貴が次に登場するのは・・・

 

成宮寛貴が再び逮捕される

 

好青年役も、エキセントリックな犯罪者の役も

天才の役も、アホっぽいチンピラの役だって

どんな役でもこなせてしまう、主役を食ってしまう成宮寛貴さんが

ドラマIQ246華麗なる事件簿で、犯人役で登場します。

 

ドラマ「相棒」で、好青年かと思ったら、犯罪者だったんかい?!というショックを受けたファンも多いですが

これぞ成宮寛貴の魅力!

これはもう主役の織田裕二さんを食ってもらいましょう!

楽しみ楽しみ。

 

追記

成宮さんの突然の引退、残念でした。

スポンサーリンク

 - 人物